大阪・京都・神戸など関西エリアの中国語通訳、中国語翻訳、中国語研修サービスをリーズナブル料金で提供している通訳派遣会社です。まずはお気軽にお問い合わせください。
カテゴリー

大阪での中国語通訳の派遣実績「外国人技能実習生向け講習の中国語通訳」

今回の大阪コラボ中国語通訳の派遣実績は「外国人技能実習生向け講習の通訳」です。

「外国人技能実習制度」とは、開発途上国が経済発展の担い手となる人材育成のために、先進国の決められた産業で、青壮年労働者を一定期間受け入れて、技能習得してもらう制度のことです。

2016年には日本在住の外国人技能実習は20万人を突破し、現在も増え続けています。

最近はベトナム人の実習生も増えてきましたが、やはりまだまだ中国人の実習生の受入数も多いです。

外国人技能実習生

受入方法には、商工会などの監理団体が受入れ、傘下の企業等で技能実習をする方法と、日本企業が海外の現地法人、合弁企業や取引先企業の社員を直接受入れて技能実習する2種類の方法があります。

最近はこの後者の方法で、日本企業が中国人技能実習生を直接受け入れる際の、中国語通訳の依頼が増えてきました。

昨年2017年11月に新しい「技能実習法」が実施され、技能実習生の受入れ企業では、入国当初に事前講習を行うことになりました。講習内容は以下のとおりです。

  1. 日本語
  2. 日本での生活一般に関する知識
  3. 入管法、労働基準法等技能実習生の法的保護に必要な情報
  4. 円滑な技能等の修得に資する知識

なお3の講習は専門的知識がある講師が行うこととされ、技能等の修得活動に入る前に実施する必要があります。

通常、行政書士などが説明を行いますが、中国人の場合、母国語(中国語)での説明になりますので、その際に中国語通訳が必要になります。

また優良な実習実施者の要件として、母国語(中国語)で相談できる相談員の確保や、実習生に対する日本語研修なども必要になります。

当社では大阪、京都など関西エリアの中国人技能実習生に関する中国語通訳や、日本語研修にも対応可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

大阪・京都・神戸の中国語通訳の詳細はこちら

派遣可能エリア

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、住之江区、住吉区、城東区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)京都市(北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区)神戸市(垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、北区、西区)その他エリアは別途ご相談ください
PAGETOP
Copyright © 大阪コラボ中国語通訳 All Rights Reserved.